DFD(データフローダイヤグラム)の描き方(4)

   

データディクショナリーとミニ仕様書

DFDにセットで必要になるものがあります。それがデータディクショナリーとミニ仕様書です。

データディクショナリーには、データフローの内訳を記述します。そして、ミニ仕様書にはプロセスの内容を記述します。DFD、データディクショナリー、ミニ仕様書が揃ってひと塊となります。どれが欠けても中途半端です。

例:以下のようなDFDを書いた場合

flow04-01

データディクショナリーの例:

仕入 送り状+納品書+受領書+製品数+品名
発注内容 品名+発注数
受領書 受領書+受け入れ担当者の受領印
納品書 納品書+受け入れ担当者の検印

ミニ仕様書の例

プロセス名:プロセス2
プロセス記述:

1.メーカから「仕入」が発生する。

運送会社から荷物を受け取る。

2.検品を実施する。

倉庫担当者は「仕入」の品名、製品数と、「発注内容」の品名、発注数を確認する。

もし どれかが異なる場合

<異なった場合の処理を記述>

・・・・・以下省略・・・・・

または

<正しい場合の処理を記述>

・・・・・以下省略・・・・・

である

3.納品書の束に納品書をまとめる。

 

上記のようにまとめていきます。

しかしながら、これもまた、DFD、データディクショナリー、ミニ仕様書を行ったり来たりしながら、ブラッシュアップさせていくものです。

今日はここまで。

big

 - 要求分析