hyper-Vは、電源管理をパフォーマンスに

   

もう、まさにその通りです。

電源管理をパフォーマンスにすると、かなり速くなります。

あとは、ディスクがボトルネックとなるので、ディスクの強化がポイント。

仮想PC一台づつに、物理ディスクを割り当てる。それが無理でも、複数台に分散する。

ハードディスクをSSDに変える。

あと、ネットワークもボトルネックとなりやすいので、物理アダプターの複数化もあるかな。

といったところか?

CPU、メモリはマシン数に合わせて拡張だね。

難しいのはやっぱりディスク。

一台で構成したら、複数の仮想マシンを同時に起動すると、明らかに酷いことになる。

big

 - 未分類